血糖値を上げない最強肥満薬

食後の血糖値上昇を防ぐにはグルコバイを利用しましょう。

血糖値

グルコバイは糖尿病患者に用いる薬

糖尿病患者グルコバイは、アカルボースを有効成分とする、糖尿病患者に用いる薬です。
食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。
特にⅡ型糖尿病の治療に、有効とされています。

血糖は、膵臓から分泌されるインスリンで調節されていますが、インスリン量が少なくなったり、働きが悪くなると血糖値が上がり、糖尿病となります。
手足のしびれや腎臓病などの合併症も起こりやすくなります。
グルコバイの有効成分のアカルボースは、小腸の中で、炭水化物がブドウ糖に分解されるのを抑え、食後の急な血糖値の上昇を妨げます。
血中のブドウ糖値が上昇することを阻害し、その結果膵臓への負担も減らすことが出来ます。

食事の直前に服用するようにします。
食事中でも服用して良いですが、食後時間がたった後では効果がありません。
また事情で食事が出来ない時は服用する必要はありません。
最初はお腹が張ったり、便が柔らかくなったりすることがありますが、徐々に慣れて軽減していきます。
通常、アカルボースとして1回100mgを1日3回服用します。
他に血糖降下剤を使用している場合は、低血糖に注意します。
低血糖になると、震えや寒気などの症状が出てしまいます。
また、グルコバイを服用するとともに、運動療法や食事療法も続けることが大切です。